向ヒ兎堂日記

向ヒ兎堂日記
  • タップ
  • スクロール

あらすじ

時は明治、文明開化華やかなりし頃……時代に逆行して妖怪関係の書物を隠れて収集する不思議な貸本屋があった。その名も向ヒ兎堂。世の中は、妖怪関連すべてを取り締まる『違式怪異条例』が施行され、妖怪を消そうと巡査達が動き出す……。そんな中、妖怪が見えてさわれてしまう本屋の主人・兎崎伊織は、猫又の銀、化狸の千代ら仲間達とともに、妖怪の悩み相談所を開くことに……。実力派新鋭が贈る明治妖怪奇譚、第一巻。

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/79話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by 秋那

    5人の方が「参考になった」と投票しています。

    ストーリーが秀逸です

    ネタバレありのレビューです。表示する

    主人公の生い立ちの秘密が気になって、結局最後まで読んでしまいました。
    色々なあやかし達との短い話の合間に、徐々に紐解かれていく本筋から目が離せませんでした。
    怪異を取り締まるという一見荒唐無稽な設定も、文明の進歩に加速度的に忘れ去られた言い伝えや昔話を考えると、わかりやすいのかなと思います。
    登場するあやかしも人も魅力的で、悪人のいない心がほっこりする作品です。

    おじ様キャラが皆ともかく格好よくて、特に主人公を育てた鬼の識が、人里に行った主人公をこっそり見守る様が優しくて素敵です。

  2. 評価:5.000 5.0

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    素晴らしい!

    ネタバレありのレビューです。表示する

    大正の文明開化時代のお話。私はこの時代の頃が好きで、しかも妖怪が人間と共存しているストーリーも大好きです。
    まだ途中までしか読み進めていませんが、絵も綺麗で、内容もしっかりしていて、自分がそこにいるような錯覚になって、凄く引き込まれていきます。文明開化が進む中、怪しを取り締まるとは、政府は何に怯えているのでしょうか?
    主人公の生い立ち、これからがきになります!

  3. 評価:5.000 5.0
    by SS

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    ちょっと不思議なお話

    ネタバレありのレビューです。表示する

    妖怪が助けを求めてきたりする本屋。本当にあって欲しい。そして、妖怪には是非、昔の良き日本を繋いでいって欲しい。自然現象を神や妖怪のせいにして崇めていたような、素朴な暮らしにはもう戻れないかもしれないけど、気分だけでも浸りたい。そんな作品でした。

  4. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    近代化の陰で

    ネタバレありのレビューです。表示する

    日本が近代化の陰で喪っていったものを丁寧に描いています。
    ノスタルジックな中に、怪の命のかかったシビアな闘いも描かれていて、画風と違って穏やかなだけの作品ではなく、読み応えがあります。
    今でも彼らはいるんじゃないか、そう思わせてくれる作品です。

  5. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    美しい物語

    ネタバレありのレビューです。表示する

    妖ものなんだけど、とても日常的で読みやすい。
    物語の流れもきれいだし、細やかだし。
    白姫って最初はすごく強力な怖い妖のイメージが先行したけれど、終盤は激しいけれど情に厚そうな、人間の頃の彼女を思わせる感じがした。

すべてのレビューを見る(52件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集