プロミス・シンデレラ

あらすじ

Twitter騒然!年の差ラブストーリー。つつましく、平穏な暮らしを送る専業主婦の早梅。彼女の前に現れたのは、性格の悪そうな金持ちの男子高生・壱成。この男との出会いが早梅の人生を一変させる…。不倫され離婚、スリにあい路上生活を余儀なくされる早梅。“人生”に必要なのは愛か、金か、それとも運か――!!?銭が紡ぐ、アラサー女子と男子高校性の“リアル人生ゲーム”がはじまる!!#バツイチアラサー女子と男子高校生をはじめ、pixivやtwitterで超話題の新人・橘オレコ氏の初連載作、ついにコミックス化!!

  1. まとめ買い

    最大100話を同時購入できます(詳細)

  2. 021話
    第12話「盾」-2
    49pt
  3. 022話
    第13話「勘違い」-1
    50pt
  4. 023話
    第13話「勘違い」-2
    50pt
  5. 024話
    第14話「はじめまして」
    50pt
  6. 025話
    第15話「私は無理」
    59pt
  7. 026話
    第16話「目をつぶって」
    59pt
  8. 027話
    第17話「仕返し」 -1
    59pt
  9. 028話
    第17話「仕返し」 -2
    59pt
  10. 029話
    第18話「大人と子供」
    59pt
  11. 030話
    第19話「我慢」
    59pt
/122話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    5人の方が「参考になった」と投票しています。

    どーなる?

    ネタバレありのレビューです。表示する

    まだ途中なんですが、投稿します。
    初め、タイトルバックも内容も好みではなかったけど、無料読んでるウチにハマってしまって67話まで読み進めてます。最初、早梅が不倫されて壱成に助けられ、訳わからないゲームに始まり、無茶苦茶だけど面白かったんです。…が、不倫相手・明が裏がありそう、と思ったら壱成兄の彼女・菊乃として再登場。兄も菊乃を警戒してるようだし…とにかく菊乃が怖すぎる。早梅を崖から突き落としたり、早梅のスマホ盗んだり、壱成にちょっかいかけたり、一体何を企んでいるのか?
    兄と早梅の10年前の切ない関係も明らかになったけど、当時、学校帰りの土手でカバン持たせてた女子が、もしかしたら菊乃じゃないか?当時から一癖ありそうで。当時、カバン持たせてたことを注意されたことを根に持って、早梅の夫に不倫仕掛けて離婚に追いやったのでは?と疑ってます。
    とにかく、単なるアラサーと高校生のラブコメではなく、菊乃が絡んでる事で、「ギルティ」の闇を感じます。
    どうか、早梅チャンが幸せになりますように。

  2. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    壱成が大好き!

    ネタバレありのレビューです。表示する

    壱成ほどかわいくてかっこいい男の子はいない。最初は、壱成に一目惚れから読み始めました。今は、全てが大好きです。

    今までたくさん観てきた漫画のキャラクターで1番大好きです。

    恵の誕生会で自分自身を見てくれる早梅に惹かれて、お化け屋敷では早梅の笑顔、弱さ、自分の名前を読んでくれる声の愛しさを感じる、、無自覚でも少しずつ早梅に惹かれていく感じの表情を描くのがすごく上手です。壱成がいつから早梅が好きで何処が好きか10個でてきた時になるほどお化け屋敷で納得しました。あの時は確かに早梅の顔も声にいちいちドキドキする壱成がいました。まだ無自覚でしたが。。
    最初から読み返すと、またその時の表情の意味が分かって、何度読み返しても面白いです。
    早梅が大事が故に腹立つ元夫、幼く社会人との壁を感じてヤキモチを焼く旅館入社、、、
    高校生故の幼さ、早梅に恋する事で成長していく過程、コンプレックスを克服して早梅にふさわしい男になろうと必死な姿、全てが愛しいし、尊いし、かわいいし、かっこいいです。
    2人の関係も徐々に素直になって、成長していきます。
    後、壱成の最大のコンプレックスの母上編が残ってますが、最後の最後まで見守ります。
    早く2人でイチャイチャして欲しい!
    大好きです。
    大大大好きです。

  3. 評価:5.000 5.0

    75人の方が「参考になった」と投票しています。

    45話まで読んだ内容、ネタバレ含

    ネタバレありのレビューです。表示する

    10話まで無料につられて読んだらぐいぐい引き込まれて現在最新45話まで一気に読んでしまった、お陰で寝不足ですわ。
    最初の頃は壱成がゲスクソでイラつくけど段々可愛く見えてくる。

    イケメン17歳の高校生、壱成くん。
    大きな老舗旅館の御子息。金持ち(親が)金で物を言わす生活、人生イージーモード。
    何度か本気で漫画にムカついたけどその度、アラサー早梅が華麗にかわしてくれるのでスッキリする。

    17歳♂と27歳♀のお話。
    登場人物個性豊かで壱成のおばあちゃんが大好き。お金持ちの子供の葛藤とかあるんだろう。

    壱成は早くに恋心に気付いてる、早梅と一緒にいたいから変わっていく。
    この漫画の醍醐味はここよね。番外編もあるし。ヤキモチ可愛い。

    以下、45話までの流れ。ネタバレ含。

    早梅は少し違和感が出始める「10個下、ナイナイ」って感じだが違和感。

    壱成が捻くれた原因の完璧過ぎる兄貴が登場。早梅と同じ歳で昔出会ってる。早梅に積極的にアプローチ中。
    早梅の元旦那の不倫相手との関係はまだ不明。まずその不倫相手自体不明だらけ。

    壱成は兄に勝てないのでいつも逃げて来たけど今回は早梅を諦めない意思が芽生え成長した。早梅の近くにいたいし兄のアプローチが気になるので今まで避けてきた旅館の茶房でバイトすることになる。

    少しずつ芽生える恋心に蓋をする早梅は(壱成ラブ)の仲居さんが「歳上女が騙してる」系の陰口を聞いてしまう。

    壱成を意識し出す早梅。
    早梅の為、素直になる壱成。
    昔馴染みでなぜか口説いてくる、何かあんの?的な兄。
    元旦那、その不倫相手、壱成の母親。
    まだまだ面白そう!

  4. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    16人の方が「参考になった」と投票しています。

    泣きました

    ネタバレありのレビューです。表示する

    最新の配信話まで読みましたが泣いちゃいました(笑)
    ストーリーの構成がすごく上手でテンポも良くて、初めから最後までしっかり考えられたストーリーなんだなって改めて思います。
    早梅と壱成どちらにもライバルが現れる展開も、よりお互いの気持ちに気づくきっかけになって終始読みながらドキドキしました。
    天馬さん、何気にすごく好きなので早梅とくっつく展開もちょっとだけありかなと思いましたが、やっぱり壱成ですね!!
    「俺が18になったら結婚しよう」って、あ〜いいな〜って久しぶりにきゅんきゅんしました(笑)
    漫画でドキドキすることなんて滅多にないですが、プロミス・シンデレラを1話目から最新話までめちゃコミで追ってきたので、2人の展開に感慨深いというか、ついにここまで来たか〜って親目線見たいになっちゃってます(笑)
    最終話が来るのが楽しみだけど寂しいです。

  5. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    66人の方が「参考になった」と投票しています。

    壱成派だけど、早梅と成吾の過去がせつない

    ネタバレありのレビューです。表示する

    以前からこのお話の存在を知っていたのですが、人妻と男子高校生の恋愛と早合点して避けており、10話無料
    につられて読み始めたら「何でもっと早く読まなかったんだ!」という面白さ。
    主人公の早梅が本当に人として魅力的に描かれている。過去の境遇から考えても、あの元旦那のしたことは
    許されない。旦那も不倫相手にハメられていた(これは多分意図的にだよね?)にしてもだ。

    クズとしか言いようのなかった老舗旅館の次男坊・壱成は早梅と知り合い、好きになることで、どんど
    ん変わる。人を愛することと守ることを知り、今までが今までだけにかなり空回りするが、母性本能を
    くすぐりながらもしっかり男をみせる。
    インコ―だから今はアウトだけど将来は早梅と幸せになって欲しいなぁ。

    そして壱成の兄の成吾。早梅との過去を考えると、好きな子を守れなかった彼の無念は痛いほどわかるし、
    色々企んでいるようだけど早海のことを大事に思っているよう。
    壱成の存在がなければ一緒にさせてあげたいと思えるほど、高校時代の話はせつない。
    そしてそして菊乃。もう存在がホラー。

すべてのレビューを見る(4274件)

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>