ヤンキー君は絶倫すぎッ~おねーさんの初イキ、俺に見せて~

  1. めちゃコミック
  2. TL漫画(ティーンズラブ)
  3. メルト
  4. ヤンキー君は絶倫すぎッ~おねーさんの初イキ、俺に見せて~
ヤンキー君は絶倫すぎッ~おねーさんの初イキ、俺に見せて~
  • タップ
  • スクロール

あらすじ

「やば…止まんなくなりそ…」彼のまっすぐな熱が、奥まで届いて私を求めてる――…。詩穂里はある時、河原で無抵抗にリンチを受けていた男子学生・隼人を助ける。いじめられっ子に手を差し伸べたつもりが、彼はなんとバリバリのヤンキー! 詩穂里にひとめ惚れしたと言う隼人は、その日から「俺のオンナになってくれ!!」と、詩穂里の行く先々に現われては求愛してくるように……。グイグイ押しまくってくる肉食っぷりと筋肉質でしなやかな体に、心もカラダもとろかされ、初めて「イく」ということ体験させられてしまう詩穂里。だが、ただのヤンキーに見えた彼の職業はなんと……!?「すっげー気持ちイイ。こんなんなるの、お前だけ……」

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
001話
俺のオンナになってくれ!!
50pt
002話
一緒にイって。詩穂里のイク顔が見たい
50pt
003話
うんって言うまでキスしてやる
50pt
004話
すげー濡れ方。俺のこと欲しがってる…
50pt
005話
グイグイきたり、可愛かったり
50pt
006話
もうぬるぬる…こんなの初めて…
50pt
007話
脱いだらスゴイ、その理由
50pt
008話
興奮した彼の、熱いモノが…
50pt
009話
ヤダって言うわりに、すぐ入る
50pt
010話
この体勢、気持ちいい所にこすれて…
50pt
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/12話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    今後に期待して⭐5つ

    正直言って、絵はまだまだこれからかなっ?て感じがしますが、なんか引き付けられます。
    ストーリー的にもありがちと言えばありがちですが、読み始めたら、ヤバイはまった❗って感じました。
    ヒロイン、普段メガネを掛けて、髪の毛をひっつめて、本当は美人さんなのに、自分で気がついていない感じの素朴な女の子。
    ヒーロー、ヒロインより年下の高校生で、ストレートにグイグイいっちゃう男の子。
    まだまだ始まったばかりですが、これは面白くなりそうです。どうか私の予感、的中になりますように❗❗

  2. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    絵柄が好み

    こちらの作者さんの男女共に
    綺麗な絵柄が好みで他の作品(少女漫画)を
    購入してました!^^
    今回も新作欄でたまたま見つけて
    この作者さんのTLを初めて見たのですが
    絵柄はもちろん表情等も良く、
    再び購入の予感です!笑

  3. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    作者さんが好きで読み始めました。
    年下ヤンキー君のストレートな感じが好きです。
    早く続きが読みたいです。

  4. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    ☆彡.。

    ヤンキー、オラオラが好きで読み始めました!!続きが気になって仕方ないです!!
    キュンキュンしたい人におすすめです

  5. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    強引なのが好きな人には良いかも

    ヤンキーには見えないイケメン男子だったので読み始めました。
    実際、ヤンキー同士のケンカに遭遇したら声かけてるとか、自分なら無理です。
    でも、イケメンで細マッチョで男前だったらなびいてしまうかもですね。
    まだ、途中なので続きが気になります!

すべてのレビューを見る(38件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

>

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

他にもこちらがおすすめです

    Loading