RISKY~復讐は罪の味~

  1. めちゃコミック
  2. 女性漫画
  3. G☆Girls
  4. RISKY~復讐は罪の味~

あらすじ

社内の女子の嫌われ者・美香に届いた一通の手紙。中には身に覚えの無い胎児のエコー写真。その日を境に彼女の周りで不可解な出来事が起こり始める。突然、連絡が取れなくなる美香の婚約者・亨。自宅の窓には無数の○○!!精神的に追い詰められた彼女の元に現れた謎の男…。そのすべてを仕組んでいたのは……!?愛憎渦巻く衝撃のラブ・サスペンス!“それ”は、まだ、始まったばかり──。

まとめ買い 最大100話を同時購入できます(詳細
021話
美香の男
50pt
022話
拉致
50pt
023話
拉致、その後──
50pt
024話
終わりにしよう
50pt
025話
忘れたい過去
50pt
026話
盗ったもん勝ち
50pt
027話
殺してやる…っ!
50pt
028話
大事な…話があるんだ
50pt
029話
結婚を拒んだ理由
50pt
030話
お前のせいでっっ!
50pt
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大100話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/43話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:3.000 3.0
    by roka

    949人の方が「参考になった」と投票しています。

    サブタイトルが…

    復讐モノは、復讐する側を応援できないと読んでいてつまらないが、その点は、十分。
    読者として「やったれ」というモードに入って、ノレた。
    復讐をエンターテイメントとするならば、復讐される側がこのくらい腐っているほうが気楽でよい。

    ただ、復讐の「方法」が、する側に明らかな傷を残す種類のものなので、今後(現在8話)、そのあたりとどう向き合っていくのかが、見所のひとつである。
    もっとも、全ての復讐は、本来、そうだろう。
    される側だけではなく、する側の人生にも、何らかの醜い傷を残してしまうものだろう。
    違うのは、傷の形や色だけで、その深さは、どんな復讐においても浅いものではない気がする。

    しかしまあ、些細なことかもしれないが、サブタイトルはどうにも気になった。
    「復讐は罪の味」って、そりゃそうだろ。
    「目玉焼きは卵の味」って言ってるようなもんだと思うのだが、もうちょっと何とかならなかったのか。

  2. 評価:5.000 5.0

    238人の方が「参考になった」と投票しています。

    悲しすぎた

    ネタバレありのレビューです。表示する

    まぁ姉の元婚約者と何度も
    寝るのはどうかと思いましたけど
    ひなたが可哀想になりました。
    姉はいい人だなぁ、素敵だなと
    思ってましたけど事実を見ると
    悲劇のヒロイン気取りか?と
    正直、思いましたね。

    年単位で付き合っていたのなら
    妹に紹介してもよかったと思います。
    プロポーズを何度も断り
    「妹を守る」と自分で決めておいて
    彼の気持ちが冷めていき別れようと
    言われたら「ひなたがいなれけば」
    って酷すぎますね。

    「守る」って簡単じゃないんですよ。
    自分の人生をかけて守るんです。
    いなければなんて思うとかありえない。
    まして、復讐して妹を傷つけるために
    手紙を残していなくなるなんて
    彼もこんな女と結婚しなくて
    よかったねと思いました。

  3. 評価:4.000 4.0

    275人の方が「参考になった」と投票しています。

    読者は救いを求めています。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    最新話34話まで読みました。
    色々と…色々と…色々とレビュー書いて言葉にしたいんですが、なんだか胸が痛くて堪らなくなりました。
    たった一人の家族で大好きだった姉が自殺して、原因となった筈の元カレと浮気相手に復讐するというストーリー、でした。。。(もう過去形です)

    復讐の方法云々は彼らなりに非合法だとしても止められなかったのでしょう。
    憎しみって正邪を狂わせてしまうモノですから。

    妹は体を使い、法を犯し、恋人である幼馴染も手を貸せる部分は協力してましたね。

    自分の彼女が復讐の為に他の男と寝るなんて、耐えられないだろうに…と同情した事もありましたが…

    それでも、この幼馴染も姉にお世話になったりして多少の情があるから、そうしないと妹の気が済まないから、耐えているんだろう…と、そんなニュアンスで読んでた訳ですよ…。

    しかし、他の方も書かれているように過去のシーンの伏線の回収がまた辛い…。

    大好きだった姉、信頼していた恋人、この二人が体の関係を持っていたという事実。
    二人に裏切られていたと思ったらショックを通過して吐気がしました、が。

    この妹カレシも同じ事してたのか。
    自分も姉と寝てたから、妹が他の男と寝るのも耐えれてたのか。
    妹が抱きつこうとして引き剥がしたのは姉を抱いた事への罪悪感からか?
    それとも姉に心が動いていたからか?と。

    作中の心情を読めば、姉をひとりにできなくて、昔みたいに笑って欲しくて、とありました。

    だが、自分の好きな女の姉と寝て、お前は姉が自殺しなかったとして、笑って過ごせるのか?

    最初に姉とキスしようとして、脳裏に過ぎった妹の姿で思い留まる事が出来たのに。
    たとえ放っておけなくても、その一線は守らなければ大切なモノを失うという事を理解して欲しかったです。

    妹・ひなたの『私も光ちゃんを責められないし…でも今は顔見るの辛い…』という台詞が何より痛かったです。


    ひなたに妊娠兆候がありますが、復讐相手の子か、恋人の子か、妊娠していても、違っても、どちらにしても命は大切にして欲しいです。

    まだ、どう転ぶか分からない作品ですが、ひなたが自分を憎んでいた姉も復讐相手の美香も、手に入れられなかった子供を愛する事ができたら、それが彼らへの一番の復讐になるのではないでしょうか。

    暴文、大変失礼しました。

  4. 評価:4.000 4.0

    93人の方が「参考になった」と投票しています。

    番外編でようやくすっきり

    ネタバレありのレビューです。表示する

    最終回読んだ時は嘘、これで終わりなの?ってびっくりしました。
    番外編と分ける必要なかったと思いますね。

    にしても、姉かなたには驚かされたし
    自死は誰をも不幸にします。
    その上、自死自体が復讐だったなんて
    フィクションとは言えゾワッとします。

    今は無き昼ドラになりそうな話ですね。

    両親の事故の時は、ひなたちゃんは中学生でしょうか。
    そんなに手がかかると思えないのですけどね。
    何のための自己犠牲だったのでしょう。
    実は全然解り合えてなかった姉妹が何だか憐れです。
    そして洸ちゃんがたくさんつらい思いして気の毒でした。

    私自身、両親他界し姉に絶縁された身なので、こんな風に憎まれてるのかなと
    思うところもありました。

    最後に来た葉書に、電話・メールは迷惑です。
    以後連絡しないように。
    この疫病神がと書かれてました。
    漫画より怖いかもですね…

    姉側の視点、という点では勉強になりました。
    私は人を憎まない人生がいいかな。

    作者が上手な分引き込まれました。
    最後はプチハッピーエンドで良かったです。

  5. 評価:2.000 2.0
    by 砂夜

    150人の方が「参考になった」と投票しています。

    そうきたか…

    ネタバレありのレビューです。表示する

    かなたを裏切った婚約者のはずだったのに…
    実はすごく歩み寄ろうとしてくれてたんだね。ごめんよ、ひなた目線でほんとにクズだと思ってしまったよ。
    リアルに姉側の立場からわかる気持ちもあれば、妹側の立場からわかることも、感じることもあるけれども。
    けれども。
    そうしなきゃいけない!守らなきゃいけない!て思う気持ちはわかる。でも、すべてはかなたの自己犠牲の上で我慢が限界を迎えて、上手くいかなくなったことの原因のすべてが最終的に妹のせいなのか…
    本末転倒じゃん。
    中学生の時に自分の感情以外に優先できるような大人なら苦労しないよ。
    かなたのやり口が怖すぎる。
    2枚目の手紙がほんとに恐怖。
    守ろうと思っていたのにすべてを失ったら、その対象が元凶になってしまうんだね…愛情と憎しみはほんとに紙一重なんだなと感じました。

すべてのレビューを見る(23900件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>

RISKY~復讐は罪の味~に関する記事