よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話

  1. めちゃコミック
  2. 青年漫画
  3. ヤングマガジン サード
  4. よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話

あらすじ

さやちゃんが幼いころ、母が新興宗教へ入信。信者たちが目指すのは、神の教えの通りに規律正しく行動し、崩壊後の世界で復活し、楽園で永遠に暮らすこと。さやちゃんは二世信者として母親や周りの信者から厳しく監視され、学校でも浮いた存在に。交際禁止、漫画禁止、国歌禁止、輸血禁止etc...禁止だらけの生活で感じたことを、ありのままにつづる、衝撃の告白漫画。

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    エホバの証人

    ネタバレありのレビューです。表示する

    これって、児童虐待なのでは‥と思って、恐ろしく悲しい気持ちでみていました。
    鞭が事実なら、児相に通報されるような事件だと思います。
    現代社会で、こんなことが起きてるなんて‥言葉が出ませんでした。

    宗教は自由ですが、こんなことをして一体誰が幸せになれるんだろうと思いました。
    うちの家にも以前勧誘に来られて、もちろんお断りしましたが、実態を知って背筋が寒くなりました。
    本当に素晴らしい教え、宗教ならば、勧誘などしなくても、周りから自然と人が集まってくるのではないかと感じます。
    人の心の弱さや寂しさにつけ込むような、正確な判断ができない状態で、洗脳するのは宗教ではないし、誰も幸せになれないと思いました。
    この主人公には幸せになってほしいです。

  2. 評価:4.000 4.0
    by roka

    15人の方が「参考になった」と投票しています。

    希望

    最初に白状するが、私は、現代の日本の多くの宗教に対しては、かなりの嫌悪感を抱いている。
    それは、多分に偏見に基づく。
    だから、ちょっと申し訳ないとも思う。
    けれどこの嫌悪感は、いくつかの決定的な経験と、それにまつわる私の強い怒りから、長い年月に渡って形成されたものであり、今ではほとんど生理的なレベルに達していて、もう一生変えられないと思う。

    以前、妻がこんなことを言っていた。
    「もし、宗教を強く信じる親のもとに自分が生まれていたら、と考えると、それがこの世で一番怖いことかもしれない」と。

    妻は、二つの意味で言ったのだと思う。
    ひとつは、自分の人生が、宗教によって制約・束縛される恐怖。
    これは、要するに「やりたいことがやれない」というレベルの話だ。
    もうひとつは、自分の人生の自由が、宗教によって制約されている異常(だと私は思う)さにすら気づけないかもしれない、という恐怖。
    こっちの方が、より、怖い。

    私は、妻に言った。
    もし、そういう家庭に生まれても、あなたはきっと、気づけたと思うよ、逃げ出せたと思うよ、と。
    俺もその自信あるよ、と。

    嘘ではなかった。
    でも、本当に、そうだろうか?

    この漫画の作者のような家庭に育った人間が宗教から抜け出すには、文字どおり、かなりの年月に渡る自分の人生を「無駄にする」覚悟がなければ、無理だ。
    どうであれ、それまでの人生が「間違っていた」のだ、と認めることは、決して易しくない。
    人間は誰だって、積み上げたものを否定したくない。

    だから、この漫画の作者の決断には、本当に胸が熱くなった。
    こういう種類の人生から抜け出した人の証言に、初めて出会った。
    そして、希望を抱いた。
    この世には、自分が望んだわけでもない宗教の囲いの中に生まれ、そこから抜け出せずに一生を終える人が、いくらでもいる(それが不幸であるかは難しいけれど…)。
    でも、自由の風を感じて、それに憧れて、信じて、勇気を持って踏み出す人も、きっと、いるのだ、と。
    そのことについて、作者に、ありがとう、と言いたい。
    その勇気を、意志を、そして、何よりも彼女がつかんだ自由を、私は、心の底から祝福したい。

  3. 評価:5.000 5.0

    59人の方が「参考になった」と投票しています。

    私もこの宗教に振り回されました

    この作者さんはこの作品に描いた宗教の実情、そういう親の元での生活をありありと表現していると思いました。私の親もこの宗教に入信し、私自身も振り回されました。実はあのとき熱心な信者だったあの人も本当の自分のしたいこと、気持ちなど素直に表現できなくなっていたのかなと、この作品は想像させてくれます。私もこの宗教を完全に振り切ったのですが、私のきっかけは大学に興味ある学問を見つけて進学したいと宣言したときの対立かなと思う。この宗教では高等教育を推奨していなくて、大学進学は好ましくないとされていたこともあってなのだけど。これで大切な高校時代がめちゃくちゃになったと思う。最後にはある「兄弟」がうちに来て受験勉強のじゃまをしたりでさんざんだった。まあでも、この作品では扱ってなかったけど、親が入信したきっかけとかそんなところも解ればいいのだけどと思う。それはそれとしてこの宗教の問題を指摘した優れたノンフィクションだと、私は評価します。

  4. 評価:4.000 4.0
    by voc

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    作中でもそうですが、なんとなく女性信者率が高い気がするのはどうしてなんでしょう?
    私も女だけど、女ってバカなのかな……。
    作者さんのご家庭でも、お父さんやお爺さんは入信してませんよね。
    むしろ二人とも、サンタさんからと称してクリスマスプレゼントをあげたり、集会の日を狙って外界に連れ出したり、作者さんの心を少しでも救ってあげようとしてる。

    欲を言えばお父さんには、お母さんと離婚して作者さんを引き取って暮らしてあげて欲しかったけれど……そこは各ご家庭の事情もあるでしょうし仕方なかったのかな。

    なんだか、女特有のネチネチした嫌なところを凝縮したような宗教だと思いました。
    子供をムチで叩くことは推奨されているのに「エホバは暴力的なことを嫌う」ってセリフを見た時、正直鼻で笑ってしまいました。
    アンタら、どの口が言うの?って。ひどいダブルスタンダードだって気づかないのかな?

    カルト、絶対関わりたくない。
    そんなものに、物心ついた時から強制的に入信させられて、自由を奪われ続けていた作者さんがかわいそうでならない。
    どうかトラウマから解放されて幸せに暮らして欲しいと心から思います。

  5. 評価:5.000 5.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    幼少期を思い出しました。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    母がこの宗教と芸能人にも多い1日七回お経を唱える宗教に同時進行で入信してました。

    お決まりの毎日セレモニー服みたいな服来て教会に行くのも、正座を長時間してお経を唱えるのも大嫌いでした。母は他力本願で父の家庭内暴力で離婚する前もしたあとも育児放棄気味で駄菓子に連れて来ては50円で今日は夕飯のご飯に腹持ちが良いかものを選びなさい。と言われて栄養はないけどカロリーだけは満載なお菓子ばかり食べて幼少期は過ごしたので虫歯だらけで現代のはだしのゲンだと良く虐められてました。ご飯も作らないけど宗教でつれ回される時には出される飲食物が大切な食事だったので大嫌いな集会に夜遅くとも出歩いて参加してました。そんな二重宗教の信仰してたらある日蛇に締め上げられる夢をみたらその日から高熱と全身に蕁麻疹が拡がって病院受診しても原因不明でとあるお祓いも出来る御寺に行くと二重宗教に怒ってるお経を唱える方から娘さんは祟られてると言われてお清めとお祓いと家に有る仏壇の魂抜きをして貰って二重宗教生活をお坊さんに説教されて母は辞めました。

    本当は母を祟ってたけど鈍感全く堪えず波長がダイレクトに私に全て向かってたみたいでした。今では、立派な?無信仰です。

すべてのレビューを見る(540件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集