十二人の死にたい子どもたち

  1. めちゃコミック
  2. 青年漫画
  3. good!アフタヌーン
  4. 十二人の死にたい子どもたち

あらすじ

ネット上のホームページに導かれて、廃病院に集まった十二人の少年少女。初対面の彼らの目的は全員で「安楽死」をすること。だが、決行するための地下室にはすでに一人の少年が横たわっていた。彼は、自殺か、他殺か、そもそも誰なのか。少年少女たちは不測の事態に際し、この集いの原則「全員一致」に従い話し合いを始める──! 異才・冲方丁の直木賞候補作を、実力派・熊倉隆敏が渾身のコミカライズ!

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/36話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    映画化されたので気になって

    ネタバレありのレビューです。表示する

    最近、映画で放映されるので、どんな作品か気になって読んでみました!
    死にたい、という気持ちが一緒の12人が集まるはずの会場に13人目と思われる1人の死体……
    死にたくて集まっているはずの12人が、この1人の死体によって翻弄されていく話です!
    まだ完結はしていませんが、今後どうなるのか気になる作品です!

  2. 評価:2.000 2.0
    by SPICA

    このレビューへの投票はまだありません。

    原作ファンです

    ネタバレありのレビューです。表示する

    やはり、コミカライズしたことで端折られる部分がありました・・・
    しかし、人物像が絵になったことで整理され、その点はよかったと思います
    しかしながら、人物像が少々改変されていたりと、少し受け入れるには時間がかかりそうです・・・
    映画化もしたので、やはり、原作を読んでからコミカライズ、映画の順が物語の理解を深められる順序のような気がします・・・

  3. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    価値あり。

    ポイント消費する価値あり。
    ストーリー良し、キャラ良し、
    現代の闇を考えるのも良し。

    一度目はそのまま読む
    二度目は伏線に気づく旅。
    三度目は舞台のプロットを作りながら読む。
    いま四度目は、キャラそれぞれのバックグランドに共感しながら、このキャラたちの未来と続編を考える。

    何度でも美味しい作品。
    絵もなかなか好感が持てる。
    これは買いです。

  4. 評価:4.000 4.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    続きが気になる!

    映画の予告でも内容が気になっていましたが、まさかの漫画が実写化したものだったとは!
    ホラー系かと思っていましたがそんな感じではなさそうですね。怖い描写がいまのところないので安心して読めます。
    1人の謎の人物が誰なのか、その経緯はなんなのか、先が気になります!

  5. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    障害的

    ネタバレありのレビューです。表示する

    死にたい子どもたち、その題名に引かれて、購読しました。内容はその題名の通り、死にたい子どもたちの話です。展開が面白い。なぜ、ひとり増えたのか、模索する子どもたち。最後は、みんな生きる道を選んで良かった。ハラハラさせる展開に満足です。

すべてのレビューを見る(22件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集