鬼畜の街 - 今野涼,石井光太 | 青年漫画

鬼畜の街

あらすじ

貧困と暴力、いじめ、犯罪、殺人、偏向報道…様々な理由によって行政からも社会からも抹殺された人々…そんな彼らを救う仕事を生業にする男たちがいた――! 人気ノンフィクション作家・石井光太オリジナル原作を俊才・今野涼が描く!!

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/30話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    なんか

    ネタバレありのレビューです。表示する

  2. 評価:3.000 3.0
    by roka

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    加害者になる可能性

    「犯罪を論じるときは、自らが被害者になる可能性だけではなく、加害者になる可能性も考えなければならない」と何かの本で読んだ。
    私はその主張に完全に同意したわけではないが、その言葉は、ずっと私の中に引っかかっていた。

    被害者サイドに立って復讐をする人物を描いた漫画は、いくつか読んだことがある。
    しかし、本作のように加害者サイドの家族にスポットを当てた漫画は初めてで、新鮮さは感じた。

    その上で、犯罪者を手軽な正義感で裁こうとする社会の狂気は、加害者以上にたちが悪いのではないか、という現代への警鐘を、さらっと鳴らしている。
    その挑戦的な姿勢も、嫌いではなかった。

    反面、被害者サイドの描写はおろそかで、この漫画のスタンスがフェアだとは言いがたい。
    ただ、この立脚点の斬新さと一種の勇気は、評価したいと思った。

  3. 評価:2.000 2.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    スカッとはしない

    ネタバレありのレビューです。表示する

  4. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    6人の方が「参考になった」と投票しています。

    読みやすく

    全巻一気に読みたくなりました!
    ほんとに身近なことだとぉもうのでリアルです

  5. 評価:4.000 4.0
    by

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    面白い

    善悪の屑が加害者を始末するないようなのに対して、加害者の家族を守る側の話はなかったので、一気に読んでしまいました。
    加害者家族は決して同罪ではない。
    関係ない人間がサンドバッグにして言いわけない。

すべてのレビューを見る(60件)

最近チェックした作品

Loading

関連する作品

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading