トーマの心臓 - 萩尾望都 | 少女漫画

トーマの心臓

トーマノシンゾウ

あらすじ

冬の終わりのその朝、1人の少年が死んだ。トーマ・ヴェルナー。そして、ユーリに残された1通の手紙。「これがぼくの愛、これがぼくの心臓の音」。信仰の暗い淵でもがくユーリ、父とユーリへの想いを秘めるオスカー、トーマに生き写しの転入生エーリク……。透明な季節を過ごすギムナジウムの少年たちに投げかけられた愛と試練と恩籠。今もなお光彩を放ち続ける萩尾望都初期の大傑作。※トーマの心臓1?3巻と同内容のものが収録されています。

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/32話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    タイトル聞いたら忘れられない

    まだ小学生の頃にとても流行った漫画でした。当時は萩尾望都先生、竹宮恵子先生などが少年愛のジャンルを樹立しまして、こちらは初期の作品です。問題作とも評されていたため、読ませてもらうことが出来ず、大人になってから読みました。

    ページが自動的に進むのがまるで映画のようで、めちゃコミさん凄い!と思いました。ので★5つです!

    以前読まれた方、ストーリー知っててもまた別の雰囲気が味わえます。是非再読オススメします。

    内容は、愛されたくないユーリが拒み続けたトーマから命を捧げられる展開です。ここまでは無料で読めます。この後の展開は…??!!

    あ、どちらも少年です、念の為。

  2. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    さすがの名作

    刊行されてから随分経つのに、とても瑞々しい感覚。詩的で、倒錯的な世界を、なんのためらいもなく展開するから、否応なしに引き込まれる。最近の作品なら、そこで照れのような自分突っ込みを入れてしまうだろう。それをしないのは、自信作だからこそ。わからないものにはわからなくてよい、というような、凛としたものを感じる。

  3. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    何度も読み返したくなる名作

    この作品は思春期に何度も何度も読みました。詩的な透明感のある表現に萩尾さんの大ファンになりました。

    登場人物がみな魅力的で読むたびに胸がギュッと締め付けられます。

    ポーの一族が代表作として有名ですが、私の1番好きな萩尾さんの作品です。

    ぜひ、オススメ、の星5つです

  4. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    必読

    昔読んだ記憶があるのですが、大人になって読むとまた違いますね。読んだ事のない方はこれを機会に読んでみてほしいです!

  5. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    書いてある詩が 心に残る

    話しのはじまりがなんとなく 重いですが
    随所随所書いてある 作者の書く メッセージが
    心に響く 残る 作品です

    絵は やはり 昔の絵だなぁ!と 感じますが
    他の方も 書いてるように 不朽の作品!というのは 読んで分かります

すべてのレビューを見る(17件)

関連する作品

こちらも一緒に買われています

Loading

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ新着作品