鉄鼠の檻

  1. めちゃコミック
  2. 少年漫画
  3. 少年マガジンエッジ
  4. 鉄鼠の檻

あらすじ

「この世には不思議なことなど何もないのだよ――」古書店「京極堂」を営む傍ら、 “憑物落とし”専門の神主も務める中禅寺秋彦が、箱根の山中深くにて起こる修行僧連続殺人事件に挑む。忽然と現れる修行僧の屍、雪降る山の中を駆け巡る振り袖の童女…。寺に取り憑いた大きな闇を、京極堂は落とすことができるのか!?

この作品のシリーズ一覧(2件)

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
001話
雪中の雲水(1)
50pt
002話
雪中の雲水(2)
50pt
003話
雪中の雲水(3)
50pt
004話
山の鼠(1)
50pt
005話
山の鼠(2)
50pt
006話
山の鼠(3)
50pt
007話
鼠の僧(1)
50pt
008話
鼠の僧(2)
50pt
009話
鼠の僧(3)
50pt
010話
山中の檻(1)
50pt
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大100話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/60話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by roka

    7人の方が「参考になった」と投票しています。

    原作への愛情

    今まで、「原作あり」の漫画には、ほとんど星五つをつけてこなかった。
    当たり前だが、漫画は、絵と、話だ。
    その「話」の部分がオリジナルでない作品に対して、最上級の評価をするというのは、正直どうなんだ、と思っていたからである。
    しかし、これは文句なしに例外だ。
    素晴らしい。

    京極堂シリーズの小説は、「姑獲鳥の夏」「魍魎の匣」「狂骨の夢」までは学生時代に読んだけれど、それ以降は、何しろ長すぎて、私の読むスタミナが落ちたこともあり、完全に脱落していた。
    未読の「鉄鼠」を漫画でクリアしてしまおう、という魂胆で読んだのだが、大当たりだった。
    小説版が喚起するイメージとあまりにぴったり合致したキャラクターたちがそこにいて、京極夏彦の小説を漫画化するならこれ以上は望めないだろう、という再現度の高い世界観がそこにはあった。

    それにしても、こんなの、よく漫画にしようと思ったな。
    「姑獲鳥」くらいならともかく、この「鉄鼠」は、難解な禅の世界、複雑極まりない仏教の宗派とその歴史がベースにあり、とても漫画として成立させられそうなストーリーではない。
    だいたい、次から次へ出てくる大量の坊主たちを、わかりやすく完璧に描き分けるだけでも大したものだ。

    正直、「原作あり」の漫画の中には、売れる題材を「利用」しているだけだわな、と感じられてしまうものもある。
    もちろん、商売だから、そういう面があって然るべきなのだけれど、原作のファンとしては、そんな思惑が透けて見えるような作品には、寂しさも感じる。
    だが、私が「鉄鼠」から感じたものは、全く違った。
    半端ではない原作への理解度の深さと、絶対にこの小説を再現してみせるのだという圧倒的な意志力が、紙面から立ち上っているようだった。

    この漫画を成立させたのは、当然、技術的な面もあるけれど、一番大きいのは、原作に対する漫画家の強烈な愛情、それ以外にはないと思う。
    その愛情の深さに、私は感動した。
    原作にとってこれほど幸福な漫画化の例を、私は他に知らない。

  2. 評価:5.000 5.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    こちらも凄かった。

    志水アキ先生の手掛ける、「魍魎の匣」は原作に引けを取らない、読者の中で描く京極夏彦の世界観を上手く表現されていたことは記憶に新しく、更にこの「鉄鼠の檻」は荒っぽいタッチに見えて物凄く繊細に、世界観を拡げてくれていました。
    鉄鼠の檻は、原作自体はまだ読んでおりませんが、恐らく小説で読むよりはこちらで読まれた方が、世界観が掴みやすいと思います。
    志水アキ先生の描くこのシリーズは、人に勧めやすくて、これを機に原作を読む、といった方も多いです。

  3. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    絵が綺麗で京極夏彦の雰囲気にあっていたものだからついページをめくると…
    原作まで読みたくなってしまうほど面白いです。
    巷説百物語のシリーズも面白いし、京極夏彦の原作全てを読みたくなりました。
    京極夏彦の分厚すぎる原作が苦手なひとでも漫画なら読みやすく入りやすいのでオススメです。

  4. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    全部読んで、、、

    60話、完結まで全部読みました。
    京極シリーズは、テレビのドラマ?で見たことはあるけど、小説は読んでないです。
    この話は、初見でしたが、、、

    とにかく禅の話がムズカシイ(^^;) 内容濃く、重いし??でした。
    なんとなく、こういう世界なんだーと。問いかけの部分とか、仏教の流れとか。

    絵は独特ですが、人物の書き分けが出来てて、私は大丈夫でしたし、好感持てました。

    小説読むよりは短時間ですみますが、サクサク読めるマンガではないです。
    時間あれば、他のシリーズも読んでみようかな。京極シリーズってこーゆー感じなんだ、感じたい人にはオススメかな。

  5. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    面白い!!

    京極先生の作品の漫画です。
    小説が好きで持ってますが、世界観も壊さない作画でとても良いと思います。
    京極ワールドへ是非!!

すべてのレビューを見る(18件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>