それでも、産みたい―40歳目前、体外受精を選びました―

  1. めちゃコミック
  2. 女性漫画
  3. それでも、産みたい―40歳目前、体外受精を選びました―

あらすじ

まさか自分が不妊だなんて……想像さえしなかった「現実」からずっと逃げてきたけれど、やっぱり子どもが欲しい。体外受精は怖い? お金はいくらかかる? 命を創り出すなんてエゴ? 答えのない自問自答でモヤモヤ。でも――。葛藤の日々と一歩踏み出した先にある「未来」を率直に綴り、不妊に悩むすべての人に寄り添うエッセイ漫画。

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/15話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    丁寧に気持ちを描いています

    とても丁寧に自分の気持ちを描いています。
    それが反感を買ってか厳しいレビューもありますが、私はよい漫画だと思いました。
    作者が不妊に悩んでる時に関連の書籍を探すのに、最後に妊娠した人の本は手に取らず妊娠できなかった人の本をえらんで読んだり、安心したくて不妊の人達の集まる会に参加して自分はますます子供が欲しいと感じたことも正直に書かれています。
    旦那のことも詳しく書ききれていないのも、旦那のその時の本心てわからないし人のことは心情を語らず事実にとどめている誠実さを感じます。
    共感出来るところも、この作者はこう考えるタイプなのねとおもうところも、勿論ありました。
    経験談としてのエッセイ漫画では、作りも丁寧でよいと薦めます。

  2. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    7人の方が「参考になった」と投票しています。

    不妊治療で産まれて

    ネタバレありのレビューです。表示する

  3. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    12人の方が「参考になった」と投票しています。

    自分かと思った。

    自分達の親の世代は「子供いる=家庭、
    普通」だったから少なかったと思うけど、今は自由な世の中だからいるいる、こういう夫婦。

    かくいう私も全く同じだった。

    1人っこ、核家族同士の結婚で子供に興味が無かった。

    でもある年齢になると急激に色々考える。
    解りすぎます。

    結局私は子供無し、同じ年くらいの友人は高齢出産の道を進んだ。

    今は彼女は持ち前のパワーで愛情爆発の子育てをしてるし、私は生来病弱でますます体力無くなったから、こんな状態では子供可哀想だったかも。
    これで良かったと思ってる。

    「夫婦2人」が許される現代。

    この作者さんの納得行く人生になって欲しい。

  4. 評価:1.000 1.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    共感できない

    まず、子どもがいることで、ちゃんと家族を営んでいるという感覚に疑問。夫婦二人だけじゃ家族じゃないの?
    持病と諸事情で子どもを持つことを断念した私には突き刺さりました。

    作者は、子どもをもった人生の夢を描いて欲しくなったというより、時期を限定されたことで方向転換したのではないかと感じました。

    子どもがいることで豊かな人生になることは間違いないですが、子どもがいなくても充実した人生を送れるのもまた事実。

    最終的にはアッサリ授かったようですし、不妊治療で悩んでいる人には参考にならない気がしました。

  5. 評価:2.000 2.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    同じ感覚

    ネタバレありのレビューです。表示する

すべてのレビューを見る(177件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集