ゲス義兄の孕ませ調教~家の中は夫も知らないイキ監獄~

  1. めちゃコミック
  2. オトナコミック
  3. らめぇコミック
  4. ゲス義兄の孕ませ調教~家の中は夫も知らないイキ監獄~

あらすじ

「お義兄さん、ダメ!それ以上こすらないでぇ!!」新婚の莉希と颯真は、蒼真の兄・奏の勧めで、同じマンションの隣に引っ越してきた。兄弟の仲もよく、いつも優しい奏に、莉希は、心強く感じていた。だが蒼真が出張に出たその日から、奏の態度は豹変。最近セックスレス気味だった莉希がオナニーをしているところを、何かあった時のためにと蒼真から鍵を預かっていた奏に見られてしまい、写真をとられ、脅迫されるハメに。それからというもの、出張の3日間監禁され、奏なしではいられないカラダにされて…

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/41話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:2.000 2.0

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    颯真鬼畜💢

    ネタバレありのレビューです。表示する

    読んでいて、段々辛くなって来ました。りのさんが奏さんに愛されているから、まだ読んでいられたけれど、颯真の鬼畜加減が悪魔よりも酷いっ❗😭
    元々は、颯真自信が蒔いた種でしょ?!
    結婚して『やった』て?!浮気相手の女とどうなったの?
    籍はどうなっているの?りくちゃんとうみちゃんの遺伝的な父親は、どっちなの?
    りくちゃんは、奏さんの子なんだろうな。
    あまりにも弟が鬼畜過ぎて、辛いから本当は🌟を付けたくないです…😭
    でも、奏さんとりのさんの愛情の深さとりくちゃんとうみちゃんの事を考えて、それぞれ🌟1個づつ足して🌟2個で。
    鬼畜な弟に制裁を与えて、奏さんファミリーが幸せになる結末でないと、もう許せない❗
    作者さま、どうかお願いします😭

  2. 評価:4.000 4.0
    by のん!

    5人の方が「参考になった」と投票しています。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ゲス義兄って題名なので、どんな最低な男が出てくるのかと思って読んだら
    イケメンだし意外に優しいし、ヒロインも好意抱いちゃってるしと予想を裏切られる内容でしたが
    それでも面白い作品でした。
    でも子供が産まれた後からはちょっと面白さ半減かな?せめて子供がいない所でエッチとかして欲しい…
    しかも旦那さんにバレた後、その旦那が豹変する流れは…
    この先どうなるか、楽しみにしています。

  3. 評価:5.000 5.0

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    はやくぅぅぅ

    私がこの作品に出会った時は
    まだ話数も無くて
    すごく読みやすくて購入しました。
    もう既に3本ほどお気に入りの
    作品があるので、こちらの作品はそこまでハマらないかな〜と自分では感じていたのですが
    読めば読むほどハマってしまって
    今では続きが気になって仕方ありません(笑)
    今凄く大事なシーンなので
    これからの展開も期待してます!
    最近、雑に完結する作品が増えて来ているので、そうならない事を願います!!

  4. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    義兄より旦那の方がゲスですよね〜
    義兄さんの方は最初から愛を感じてしまったのは私だけでしょうか?(笑)
    これからの、弟の行動がとても気になります。
    負けないでほしいです。
    頑張れお2人〜負けるな〜
    子供には罪はないのですよね〜。
    弟の豹変っぷりが本当にすごいと思いました。
    弟はどうしてあの女の子と結婚したのかな?

  5. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    うーん

    途中まで読みましたが、そこそこありがちな感じで…これ以上は買わないかな?というところです。
    ただ、こういう設定が好きな方にはいいかと

すべてのレビューを見る(153件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading