[小説]ゆくる若き日 - 美野晶 | 官能小説

[小説]ゆくる若き日

  1. めちゃコミック
  2. 官能小説
  3. 特選小説
  4. [小説]ゆくる若き日

あらすじ

地元の工場で働く浩二には、東京のデパートで働く28歳の姉・千代子がいた。正確には義理の姉で、血の繋がりはない。中学生の頃、その事実を知った浩二は、年々色っぽくなっていく姉に戸惑い、それから距離を取ってきた。そんなある日、両親はハワイ旅行に出かけ、大晦日を姉と2人きりで過ごすことになる。酔いもあってか、互いに意識し合う2人。そんな気持ちを隠そうと、浩二はふざけて姉の巨乳を指で突っついてみる。が、千代子は怒るどころか感じていた。「触りたいなら……好きにしていいよ」。姉の秘めた気持ちを知った浩二は、たがが外れ、その豊満なオッパイに手を伸ばし、乳首を舐め回す。しかし、姉は「手慣れている」と怒り始めた。そう、千代子は義理の弟を一途に思い、処女を守っていたのだった。歓喜した浩二は、痛がる姉のアソコに肉棒を……。

巻数一覧/本編購入

  1. ゆくる若き日

    ゆくる若き日

    美野晶

    必要ポイント:100pt

    地元の工場で働く浩二には、東京のデパートで働く28歳の姉・千代子がいた。正確には義理の姉で、血の繋がりはない。中学生の頃、その事実を知った浩二は、年々色っぽくなっていく姉に戸惑い、それから距離を取ってきた。そんなある日、両親はハワイ旅行に出かけ、大晦日を姉と2人きりで過ごすことになる。酔いもあってか、互いに意識し合う2人。そんな気持ちを隠そうと、浩二はふざけて姉の巨乳を指で突っついてみる。が、千代子は怒るどころか感じていた。「触りたいなら……好きにしていいよ」。姉の秘めた気持ちを知った浩二は、たがが外れ、その豊満なオッパイに手を伸ばし、乳首を舐め回す。しかし、姉は「手慣れている」と怒り始めた。そう、千代子は義理の弟を一途に思い、処女を守っていたのだった。歓喜した浩二は、痛がる姉のアソコに肉棒を……。

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

この小説へのレビューはまだありません。

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading