逃げられると思うなよ~愛されすぎて息もできない

  1. めちゃコミック
  2. TL漫画(ティーンズラブ)
  3. 恋愛ショコラ
  4. 逃げられると思うなよ~愛されすぎて息もできない

あらすじ

「もし俺を裏切ろうとしたら、どこまでも追いかけるからな」昼は一般企業で派遣社員、夜は官能小説家『七瀬まゆ』として執筆活動に力を注ぐ佐藤すみれ。ある日、勤務先の超エリート、柴田龍之介が『七瀬まゆ』の単行本を購入する姿を目撃してしまった!嬉しさのあまりうっかり声を掛けてしまうが、正体を言う訳にもいかず「わたしもファンなんです!」と嘘をついてしまう。すると、ファン仲間だと歓喜した柴田に興奮のまま熱くキスされて!?「キスをすれば体が反応して、運命の相手かわかる…って、七瀬先生が書いていた」恋愛観歪みまくっているけど、それって私(七瀬)のせい…!?その上柴田は『セックスで振られたことがある』いわく付き性癖で―!?

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/17話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:4.000 4.0

    11人の方が「参考になった」と投票しています。

    ネタバレあるよ!気をつけてね

    ネタバレありのレビューです。表示する

    官能小説家とそのファン(笑)のお話♡

    まだ途中だが面白かった。てか先が読めてしまった。絵は可愛い。
    エロシーンはまだ前戯のみ。ちょっとエロいなって感じ。
    相手の柴田さんのキャラ萌えるね。最初は大好きな小説の様に行動するただの変な人。
    ハイスペのイケメンだから許される行為(笑)
    問題の性癖は全然たいしたことないと思う。
    失恋の相手が忘れられないのでまだすみれを抱けない。
    だだいま秘書課のライバル?登場中ww

    ヒロイン、佐藤すみれ。
    自分の実体験で小説デビューした官能小説家、ペンネームは七瀬まゆ。処女作は反響が良く売れ行き好調だが二作目は不調で中々うまく書けない。まだまだ小説一本では食べていけないので昼は派遣社員(受付)で働いている。

    以下、ネタバレあり!

    その実体験の相手はまだ詳しく出てはいないが多分流れ的に柴田さんだろうと。
    所謂伏線が何個かあり読者には何となくわかるように描いてる。でも登場人物達は気付いていないって流れ。

    要するにすみれの小説の相手、
    行きずりで体を重ねて好きになってしまったけど傷付くのが怖くて逃げてしまった相手は柴田さん。

    一年前に自分の性癖が原因で失恋した相手、
    2度と恋なんてしないと思い過ごしていたが「七瀬まゆ」の小説に出会いまた恋がしたいと思う様になる。
    自分の性癖でフラれたと思ってるその相手はすみれ。

    なぜお互い気づかないのか?(笑)
    初見でどっかで会ったことあると思ってるのに…
    (マンガだからやけど)

  2. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    他のサイトで途中まで読んでたんですが、ポイントが足りなくなり、こちらで購入しました。
    何気なくハマってしまって、続きが気になってしまった証拠ですね(笑)
    絵も好みだし、物語も素敵。
    「これは、もしかして?!」と気になって、気になって、購入してます。
    続きが早く出ないかなぁと、期待しています!!!!!

  3. 評価:5.000 5.0

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    絵が綺麗

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ヒロインが好きになり過ぎると怖いから逃げたとか顔覚えてないって色々すごいかも!ちょっと変わった彼だけど一途だし面白そう。お互いに不器用なのかな?続き楽しみにしてます。

  4. 評価:3.000 3.0

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    表紙の絵と少し違う

    表紙の絵と少し違いますが読みやすく絵も好みでした。メガネエリートが少し変態チックなのはポイント高いですよね。
    エロい描写もとても細かく満足です。

  5. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    ヒーローのオンとオフのギャップが激しくて、素を知ってしまうとかわいくて仕方ない感じです。ヒロインが書いている小説の大ファンで盲目的に信じている。作家としては嬉しいけど、彼女としたら複雑かも。。

すべてのレビューを見る(65件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading