[小説]熟女の嘲笑 - 一条きらら | 官能小説

[小説]熟女の嘲笑

ジュクジョノチョウショウ

あらすじ

松宮実可子は38歳の専業主婦。夫は出張、息子は修学旅行に行っており、珍しく一人きりの週末を迎えることになった。手持ち無沙汰になり、親友・早苗のマンションを訪ねてみる。すると早苗は外出しているようで、彼女の夫の圭介が部屋に招いてくれた。二人でワインを飲みながら早苗の帰りを待っていると、急に圭介が実可子の唇を求めてきた。「やめて、いやッ、よして下さいッ」実可子は顔を右に左にそむけながら必死で抵抗する。しかし彼はスリップの上から実可子のふくよかな乳房をわしづかみにしてきて……。

巻数一覧/本編購入

  1. 熟女の嘲笑

    熟女の嘲笑

    一条きらら

    必要ポイント:100pt

    松宮実可子は38歳の専業主婦。夫は出張、息子は修学旅行に行っており、珍しく一人きりの週末を迎えることになった。手持ち無沙汰になり、親友・早苗のマンションを訪ねてみる。すると早苗は外出しているようで、彼女の夫の圭介が部屋に招いてくれた。二人でワインを飲みながら早苗の帰りを待っていると、急に圭介が実可子の唇を求めてきた。「やめて、いやッ、よして下さいッ」実可子は顔を右に左にそむけながら必死で抵抗する。しかし彼はスリップの上から実可子のふくよかな乳房をわしづかみにしてきて……。

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

この小説へのレビューはまだありません。

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading