[小説]剛力の女 - 相原晋 | 官能小説

[小説]剛力の女

あらすじ

小間物屋で働く華奢な男・惣吉は、ほとんど拷問に近い形で、大名の後室に体を求められ、大事な顧客からの要求に必死に応えてきた。ある日惣吉は、水茶屋の前でお侍に抵抗している娘を救おうと喧噪に飛び込むが、反対にその娘の怪力に助けられる。娘は油屋『伊勢屋』の娘で“油屋の鬼娘”として有名なお繁だった。整った顔立ちながらも、その腕力ゆえに縁談がなかったお繁だが、惣吉は恋心を寄せ、黄楊の櫛を贈り、口説き落とす。これまで後室に教え込まれてきた床上手っぷりで怪力を恐れながら情交を始めると……。

巻数一覧/本編購入

  1. 剛力の女

    剛力の女

    相原晋

    必要ポイント:100pt

    小間物屋で働く華奢な男・惣吉は、ほとんど拷問に近い形で、大名の後室に体を求められ、大事な顧客からの要求に必死に応えてきた。ある日惣吉は、水茶屋の前でお侍に抵抗している娘を救おうと喧噪に飛び込むが、反対にその娘の怪力に助けられる。娘は油屋『伊勢屋』の娘で“油屋の鬼娘”として有名なお繁だった。整った顔立ちながらも、その腕力ゆえに縁談がなかったお繁だが、惣吉は恋心を寄せ、黄楊の櫛を贈り、口説き落とす。これまで後室に教え込まれてきた床上手っぷりで怪力を恐れながら情交を始めると……。

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

この小説へのレビューはまだありません。

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading