小説家の溺れ方

あらすじ

脚を広げてください、中原さん。僕の作品のために――。新人編集者・中原(なかはら)は、人気小説家・黒木(くろき)の担当。官能の世界を描き出す黒木の執筆を手伝うため、自分の体を差し出し、作中の主人公と同じ体験をするのが中原の仕事だった。そんな中、作品の映画化プロジェクトが始動。支社から営業担当・吉崎(よしざき)がやってきて、何やら不穏な動きを見せる――。 ※こちらは、WEB雑誌『Charles Mag』に収録されている作品の単話配信です。重複購入にご注意ください。

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:4.000 4.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    続きが気になる!

    無表情なまでに攻める感じと
    純情に従順な受けのバランスが絶妙で
    読んでいてキュンキュンします。

    浅井先生の絵が好き!ていうのもあるけど
    とにかく顔面偏差値高めで
    面食いには嬉しい限りです。

すべてのレビューを見る(1件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading