[小説]隣室の淫声 - 山口陽 | 官能小説

[小説]隣室の淫声

リンシツノインセイ

あらすじ

「あの子とのセックスに満足できてないんじゃない?」。31歳で独身の高槻治美は実家に住んでいたが、妹の凜とその夫・長瀬賢治が同居するようになって以来、薄い壁を隔てた隣室からたびたび聞こえてくる妹のあえぎ声に頭を悩まし、悶々とした日々を送っていた。とある日曜日、妹夫婦は午前中からセックスをし始める。治美は独り身の寂しさを感じながらも、妹の痴態を想像して、アソコを濡らしていた。だが、まさにその瞬間、妹は急に何か用事を思い出したようで、一人で出かけていってしまう。いったいどういうことかと部屋から飛び出した治美は、全裸の賢治と鉢合わせる。気まずさを引きずりながらも治美は、まだ勃起したままの賢治に刺激的な言葉をかけて……

巻数一覧/本編購入

  1. 隣室の淫声

    隣室の淫声

    山口陽

    必要ポイント:100pt

    「あの子とのセックスに満足できてないんじゃない?」。31歳で独身の高槻治美は実家に住んでいたが、妹の凜とその夫・長瀬賢治が同居するようになって以来、薄い壁を隔てた隣室からたびたび聞こえてくる妹のあえぎ声に頭を悩まし、悶々とした日々を送っていた。とある日曜日、妹夫婦は午前中からセックスをし始める。治美は独り身の寂しさを感じながらも、妹の痴態を想像して、アソコを濡らしていた。だが、まさにその瞬間、妹は急に何か用事を思い出したようで、一人で出かけていってしまう。いったいどういうことかと部屋から飛び出した治美は、全裸の賢治と鉢合わせる。気まずさを引きずりながらも治美は、まだ勃起したままの賢治に刺激的な言葉をかけて……

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    隣室から聞こえてくる声に悩まされて興奮してしまっている自身に義弟にとの二人きりの時間が姉の大胆さを出させ今までの寂しさを紛らす捌け口になった義弟ですが義弟も妻より大胆に自身を悦に入り込ませてくれる姉の魅力に魅了され溺れていくのが良かったです。

すべてのレビューを見る(1件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading