100万円の女たち - 青野春秋 | 青年漫画

100万円の女たち

ヒャクマンエンノオンナタチ

あらすじ

売れない小説家、道間 慎。彼は5人の女たちと一緒に暮らしている。女たちは毎月、彼に100万円支払い、彼が女たちの世話をする…なぜ?金と愛と死の臭いが立ちこめる一軒家で、歪な六角関係が繰り広げられる…『俺はまだ本気出してないだけ』の作者が、100%本気で挑む新境地!!散りばめられた秘密を追ううちに、いつしか女たちの虜に…謎が恋を呼ぶ、異色のミステリー×ラブコメディー!!

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/41話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    是非読んでみてください

    私は、少女マンガ全盛期?の世代です。萩尾望都さん、竹宮惠子さん、大島弓子さん、少し前を池田理代子さんが。。ベルばらは小学生の時でした。結婚し娘も大きくなりましたが、時々漫画を読んでいました。この20年、読んだ中で1番面白かった作品です。すてきでした。今日は間違えて一万円もポイント追加してしまいました。もう50歳過ぎたので、今日は一日中漫画を読んで過ごしてみます。とても面白く皆さんも是非読んでみてください。

  2. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    小説

    映画化の番宣をみて、読んでみました。
    絵のシュールさからは想像がつかないくらい、伏線があり小説のお話を漫画化したのかと思いました。
    淡々と静かにストーリーが進んでいくのをどのように映画化されたか気になるので上映されたら観てみようと思います。

  3. 評価:4.000 4.0
    by roka

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    諦めのレビュー

    個人的には、漫画に対して、「味がある」という表現をあまりしたくない。
    例えば「味がある顔ですね」と言われて、嬉しいだろうか。
    「お前それ不細工をオブラートに包んで言ってるだけちゃうんかい」と思わないだろうか。
    それと同じで、漫画の「味がある」は、結局、「絵が下手」だと同意義になりかねない。
    しかし、それでも、この作者の漫画にだけは、どうしても「味がある」と言いたい。
    他に、言葉が見つからない。

    もうひとつ。
    この作者の漫画は、何だか、とても切実な空気を感じる。
    話としては、大体いつも淡々としているのに、まるで自分の血肉を叩きつけて描いているような、切迫したものを感じてしまう。
    それは、乱暴に言えば、リアリティー、ということになる。
    これほど嘘っぽい話にもかかわらず、である。

    駄目だ、上手く説明できない。
    読んで下さい。

  4. 評価:3.000 3.0

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    深夜ドラマ化!

    ネタバレありのレビューです。表示する

  5. 評価:5.000 5.0
    by 小紫

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    面白い!

    12話まで読みました!
    めっちゃ面白いです(*^^*)
    謎もいっぱい散りばめられていて
    早く答えが知りたいです。
    先が読めないから楽しいです。

すべてのレビューを見る(182件)

最近チェックした作品

Loading

関連する作品

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading