[小説]匣庭の恋人

匣庭の恋人
  • タップ
  • スクロール

あらすじ

ずっと君に触れたかった。十八年ごとに島を襲う謎の病。それは、かつて島で恋人を殺された男の呪いと言われている。織江は、その呪いを鎮めるための生贄として育てられた。だが儀式の直前、祭司の家の長男・君彦によって連れ去られる。彼は、次から次へと女に手を出す性質ゆえに、祭司の資格を剥奪されたと噂されていた。織江はその彼に小屋に閉じ込められ、乱暴に純潔を奪われるのだが……。「ぼくを憎め」と言いながら、切なそうに何度も身体を重ねてくる彼の真意は?

巻数一覧/本編購入

  1. 匣庭の恋人(1巻)
    匣庭の恋人(1巻)
    斉河燈 / 岩崎陽子
    必要ポイント:540pt

    ずっと君に触れたかった。十八年ごとに島を襲う謎の病。それは、かつて島で恋人を殺された男の呪いと言われている。織江は、その呪いを鎮めるための生贄として育てられた。だが儀式の直前、祭司の家の長男・君彦によって連れ去られる。彼は、次から次へと女に手を出す性質ゆえに、祭司の資格を剥奪されたと噂されていた。織江はその彼に小屋に閉じ込められ、乱暴に純潔を奪われるのだが……。「ぼくを憎め」と言いながら、切なそうに何度も身体を重ねてくる彼の真意は?

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    よく練り込まれています

    ネタバレありのレビューです。表示する

    さすがソーニャ文庫さん。
    読了後のちょっとした後味の悪さ。
    基本、暗いストーリーのため、好みが分かれると思います。

    閉鎖的な地域のゾッとする風習。
    それと相反するエロス。
    艶めかしく、退廃的。

    ちょっと言い過ぎかもしれませんが、八つ墓村的な70〜80年代のサスペンス推理小説を読んでる感じで、私は大満足でした。

  2. 評価:4.000 4.0
    by xssy

    このレビューへの投票はまだありません。

    運命も超える壮絶な愛

    最初は生まれ変わり系の恋愛なのかな?と思って購入。思っていたような話ではなかった。もっと狂気じみたドロドロな愛憎劇。
    人間の汚い部分も純粋で美しい部分も余すとこなく描かれた魅力的な作品。
    私はこういう作品好きです。

すべてのレビューを見る(2件)

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading