漫画賞総ナメ!『ゴールデンカムイ』変幻自在の魅力とは?

更新日:2016/06/20 10:00

漫画賞総ナメ!『ゴールデンカムイ』変幻自在の魅力とは?

『マンガ大賞2016』大賞受賞!
『このマンガがすごい!2016』(宝島社)オトコ編第2位!
そして『手塚治虫文化賞』の「マンガ大賞」ノミネート!

…破竹の勢いで2016年の漫画賞を総ナメにしている話題の作品、知っていますか?

それが「ゴールデンカムイ」 (野田サトル/集英社) !

読者に「この漫画の魅力は何?」と質問したら、きっとその答えは十人十色。

バトルあり!ギャグあり!グルメあり!歴史とのクロスオーバーあり!…と、これでもかというくらいの要素が盛り込まれているからです。

こんなサービス精神旺盛な漫画がつまらないはずがない!

ということで、今回は『ゴールデンカムイ』の魅力を、タイトルの頭文字「ゴ」「オ(ー)」「ル」「デ」「ン」「カ」「ム」「イ」を使って標語風に紹介します。

…少し無理矢理でもそこはご愛嬌ということで。

「ゴ」: 極悪人から金塊を奪え!

何と言っても魅力的なのは「物語の設定」です。

時は明治後期。日露戦争を生き抜き『不死身の杉本』と呼ばれた元軍人の杉元佐一は、戦死した親友の妻の病を治すために、ゴールドラッシュに沸いた北海道で一攫千金を目指していました。

●杉本佐一

ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ
© 野田サトル/集英社

ある日杉本は、

  1. ①アイヌの人々を殺して金塊を奪った男が、死刑囚として網走(あばしり)監獄に収監されていること
  2. ②その男が獄外の仲間に金塊のありかを知らせるため、同房の死刑囚たちの体に暗号の入れ墨を彫ったこと
  3. ③入れ墨を彫られた囚人たちは脱獄して各地にちらばっていること
  4. ④囚人たちの入れ墨は全員でひとつの暗号になっていること

を知り、金塊を見つけるべく脱獄囚たちを探すことを決意。

ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ
© 野田サトル/集英社
ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ
© 野田サトル/集英社

ところがその矢先、森の中でヒグマに襲われてしまいます!

ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ
© 野田サトル/集英社

で…でかいっ!!!

筆者も北海道にある「のぼりべつクマ牧場」でヒグマを見たことがあるのですが、大きさがハンパない…。しかもすごい獣臭…。山の中で遭遇したらと想像しただけでもう…(ブルブル)。

「食われる…」と杉本が死を感じたその瞬間!ヒグマに一本の矢が突き刺さる!

杉本を助けたのは、アイヌの少女・アシパでした。

●アイヌの少女:アシ

ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ
© 野田サトル/集英社

しかもアシパの父親は、金塊のために殺されたアイヌの1人だったのです…。

杉本は治療費を手に入れるため、アシパは父親のかたきを討つために二人は行動を共にします。

行く手には、同じく金塊を狙うライバルたち、美しくも厳しい北海道の自然が立ちはだかる。二人の運命やいかに!?

「オ(ー)」: “オソマ=う○こ”がおいしい!?

食事(料理)シーンも話題のこの作品。

登場する料理は北海道ならでは。どれもこれも美味しそうなんですわ!

まずは、アシパさんが振る舞うアイヌ伝統の「チタタ」から。

「チタタ」とは動物を刃物で叩いてひき肉にする料理のこと。

ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ
© 野田サトル/集英社

きゃ~っ♪可愛いリスさん。

…でもコレ、食べますから。刃物で粉々にしますから。

ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ
© 野田サトル/集英社

皮が…内臓が…あわわ…。アシパさん、たくましいぜ…。

でも身の回りのものを食するのは、人間本来の自然な姿。現代社会は誰かがさばいてパックしてくれたお肉をスーパーで買えるなんて、感謝しなくちゃダメですね(しみじみ)。

ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ
© 野田サトル/集英社

本来「チタタ」は生で食べる料理ですが、シサ(和人)の杉本が食べやすいように「オハウ(汁物)」にしてくれました。

ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ
© 野田サトル/集英社

完成~!!ほわ~、美味しそう~!!

ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ
© 野田サトル/集英社

ん?アシパさんが「ヒンナヒンナ」と言いながら食べてる…。

「ヒンナ」とは食事に感謝する言葉で、アイヌの人々は食べながらつぶやくとのこと。

この漫画を読むと、美味しいものを食べたときに心の中で「ヒンナ」と言う癖がつきますよ(笑)

他にもこんな料理が登場!

●エゾハナカジカ(魚)のキナオハウ(野菜の汁物)

ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ
© 野田サトル/集英社

●カワウソの頭の丸ごと煮

ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ
© 野田サトル/集英社

●鮭のルイペ(凍らせたもの)

ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ
© 野田サトル/集英社

●シャチの竜田揚げ

ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ
© 野田サトル/集英社

あるとき杉本は、汁物に「味噌」を入れてみることを提案。

アシパさんは「杉本それ…オソマじゃないか」と拒否します。「オソマ」とはアイヌ語で「う○こ」のこと(アシパさんは味噌を食べたことがなかったみたいです)。…まあ、確かに見た目はアレですけどね…。

ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ
© 野田サトル/集英社
ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ
© 野田サトル/集英社

果たして、アシパさんがオソマ…いや、味噌を食べてくれる日は来るのか!?乞うご期待!

「ル」: ルール無用!迫りくるライバルたち!

金塊を狙うライバルたちも超個性的!面構えをとくとご覧あれ。

●脱獄囚の一人:土方歳三

ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ
© 野田サトル/集英社

戊辰戦争で死んだとされていた新撰組副長が生きていた!?

しかも剣の腕は訛っちゃいないぜ!渋い、渋すぎる!

●大日本帝国陸軍・第七師団:鶴見中尉

ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ
© 野田サトル/集英社

日露戦争の勝利に貢献した「北鎮(ほくちん)部隊」の情報将校。

頭蓋骨と前頭葉の一部を損傷しているせいか、言動がエキセントリックなんです…。

もう目が…ヤバいよぉ…怖いよぉ!(泣)

●第七師団の狙撃手:尾形百之助

ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ
© 野田サトル/集英社

元々は鶴見中尉と行動を共にしていたスゴ腕狙撃手。ある時から鶴見中尉を裏切り、別行動をとっています。

この人、次の行動が読めないのでとっても不気味…。

ここでは紹介しきれませんが、他にもたくさんの個性派キャラが登場します。

なぜこの男たちは金塊を狙うのか!?それは読んでのお楽しみ。

この記事をSNSで共有する

書いた人

亀子

亀子

漫画・映画・演劇・文学が生きる糧。[物語]を追い求めてやまない女です。大好きな作家は田村由美、山下和美、高橋留美子、椎名高志、石黒正数、宮下祐樹(敬称略)。人生の一冊は『GS美神 極楽大作戦!!』(椎名高志/小学館)です。

記事タグ

この記事で紹介された作品

copyright(C)2016 amutus > 利用規約

サイト内の文章、画像などの著作物は株式会社アムタスあるいは原著作権者に属します。文章・画像などの複製、無断転載を禁止します。

同じ記事タグのついた記事

めちゃマガとは?

電子コミックサイト「めちゃコミック」がお届けする、アナタの好奇心をくすぐる漫画情報マガジンです。

漫画がもっと面白くなった!

みんなにオススメしたい作品が見つかった!

漫画の新しい読み方に気づいた!

人生の1冊にめぐり合えた!

こんな運命の出会いをアシストできるように、独自の視点でたくさんの作品を紹介していきます。

【公式SNSでも情報を配信中!】

めちゃコミックとは?

3キャリア公式カテゴリNO.1、国内最大級の電子コミックサイトです。

テレビや映画で話題の最新人気漫画から定番作品、無料立ち読みまでラインナップも充実!

いつでもどこでも気軽に、スマホ・ガラケーで漫画を楽しめる毎日を提供します。

めちゃコミックについて詳しく見る