女帝花舞 - 倉科遼,和気一作 | 青年漫画・コミック

顧客満足度No,1

めちゃコミック

漫画:女帝花舞の詳細

名作「女帝」の、続編彩香の娘・明日香の新たな女帝伝説が始まる

女帝花舞

ジョテイハナマイ

作者
倉科遼 和気一作
雑誌
漫画ゴラク
ジャンル
青年コミック
タグ
キャバ嬢・ホステス 人間ドラマ

女帝花舞のあらすじ

夜の銀座で『女帝』にのしあがった彩香の娘・明日香は、どのような生き方を選ぶのか……!?

女帝のシリーズ一覧(6件)

女帝花舞のレビュー

  1. 評価:2.000 2.0

    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    ん~~~!

    最初は惹き付けられて読んでみたものの、途中から また こういう展開ね!と新鮮さがなくなってきた。
    最後の章ぐらい言葉だけでなく、絵も入れてほしかった。
    ずっと頑張ってきたコウヘイの姿は勿論、皆の幸せな姿が見たかった。

  2. 評価:3.000 3.0

    by 匿名希望

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    「女帝」の続きとして見ると、二番煎じ感が否めない。
    ただ、そのことを除けばそれなりに楽しめた。

すべてのレビューを見る(2件)

女帝花舞のあらすじ

1話~14話
銀座の女帝・彩香の娘として育った明日香。名門の娘が多い私立校で水商売の娘と蔑まれ、鬱積した不満を抱えていた。女帝の母にも反抗。憧れは祇園の舞妓に…。そんな時、育ててくれた安西のお婆ちゃんが死に、明日香の心に穴が空いてしまう。相談した菱和会会長の伊達に「ママに反抗するなら、ママの手から離れてお前の力で生きろ」と言われて決心、十七歳で家出して京都へ出た。祇園甲部にある屋形を兼ねた茶屋の『よし野』に入ろうとするが、身元のしっかりした者でないと駄目だと断られ、母を頼れない明日香は、伊達のもとに…。名作『女帝』の、続編がリリース! 彩香の娘・明日香の新たな女帝伝説が始まる!!
15話~23話
祇園の女帝になるという明日香に、伊達は保証人になることを承知する。伊達の元に泊まった明日香は、そこで修行している本城組組長の息子・武士に出逢い、好意を持った。『よし野』で芸妓修行に入った明日香は、かつての名妓・代志乃をおかあさん(女将)として、”仕込みさん”となる。屋形同士もライバルという同期の美佳に、明日香は必死について行った。そこへ、高校の時のBFだった康平が、明日香を追って京都にやってくる。会っていたことを叱られた明日香は、自分はまだ処女であることと、舞妓の間はそれを守り通すことを宣言した。手本や相談相手にしてもらおうと、代志乃は明日香を、売れっ子芸妓・雪乃の付け人にする。
24話~32話
京大受験で京都に来ていた、杉野謙司と出会う明日香。翌日京都案内をするが、悩んでいるらしい雪乃を見かけた明日香は謙司を美佳にまかせて、後を追った。雪乃の相手は、大御所歌舞伎俳優の吾妻征四郎。惚れた雪乃が自殺未遂まで引き起こした相手だと判る。美佳は謙司が外務大臣・杉野謙一の息子だと知った。電車でヤクザに絡まれた明日香は、武士に救われる。五条烏丸会系の石田組に不穏な動きが…。師岡組の者を撃って逃げた石田組の男と鉢合わせした明日香は、危うく撃たれかかった。祇園祭が終わったら、抗争に?相談に行った明日香は、抱こうとする武士を拒んだ。処女の舞妓は、高く売れる。私は極道の情婦にはならないと…。
33話~41話
祇園祭・山鉾巡行の日に、大翔組と菱和会が間に入って石田組と師岡組の話し合いが行われることになった。雪乃が石田に身をまかせて石田の野心を聞き出し、それを明日香が伊達たちに連絡する。石田は場を利用して、師岡共々伊達と大翔の命も奪うつもりでいたのだ。一方美佳は、処女を装って謙司に抱かれることに成功。名門の息子を手に入れたとほくそ笑む。当日、刺客を発見した明日香は、まだ明日香への恋慕を棄てられない謙司の呼びかけを制した。謙司を置いて刺客を追い、伊達たちを撃とうとする瞬間に突進して、その腕にしがみついた!
42話~50話
身を挺して刺客を止める明日香。明日香を撃とうとした刺客を、武士が射殺して刑務所へ。五条烏丸会の内紛は集結した。仕込み修行を終えた明日香と美佳は、舞妓になる。謙司の母・梨奈が、謙司の部屋で明日香の写真を見つけ、京大へ行くのは明日香に誘惑されたからだと思い込んだ。明日香・彩香への恨みが、再燃する。一方康平も割烹の『うえ松』に入り、板前を目指し始めた。『よし野』に乗り込んできた梨奈が、謙司と手を切れと金を出すが、明日香は投げ返す。TVの取材が入るが、女帝の娘と世間に知れるのを避けたい明日香は、美佳に譲った。”お店だし”も、母娘の縁を切った彩香には知らせない…。
51話~59話
プロの『壊し屋』を雇う梨奈。明日香を強姦して、顔を潰せと命じた。康平が明日香の”店だし”のプレゼントに簪をくれる。見習い座敷の帰りに襲われた明日香は、その簪で反撃。声を聞きつけた伊達が駆けつけて、事なきを得た。伊達たちは烏丸会の新会長・岡部等とともに、雪乃や明日香に礼を言うために『よし野』に来ていたのだ。『壊し屋』は、明日香の背後に菱和会がいることを知って、手を引いた。そして”店だし”当日。明日香の姿をTVで観て、涙を流す彩香。美佳は萩美に改名。単独でお座敷をこなせることになった明日香は、征四郎の座敷に呼ばれたとき、彼の女癖の悪さを思い知らされた。
60話~68話
祇園の節分行事”お化け”の日に、征四郎が若手歌舞伎俳優・高山左近たちを連れてきて、雪乃と明日香に紹介した。『よし野』にやってきて、明日香と会う謙司。自分たちの親の因縁を知り、明日香と結ばれるのが宿命だと思い込んでしまう。明日香に目をつけて、左近が座敷に呼び始めた。雪乃が抱かれた後、忘れていった携帯を使って、ホテルへ明日香を呼び出す征四郎。犯されかけるが、明日香は辛うじて逃げた。ところがそれを写真に撮られ、雪乃と明日香の征四郎を巡っての三角関係として週刊誌で話題になってしまう。しかし代志乃は明日香を守り、祇園の客達も却って明日香を慰めるのだった。
69話~77話
征四郎にきっぱりと別れを告げる雪乃。明日香とはなお親しくなった。京大に通うために、京都に引っ越してくる謙司。早速美佳がやってきて、身体を交えた。悩む謙司だが、欲望に勝てない。都をどりの日、明日香の晴れ姿を彩香も見に来た。彩香にあった代志乃は、明日香を必ず祇園の女帝にすると断言。明日香を託すに値する人だと、彩香も胸を撫で下ろすのだった。左近は明日香に、歌舞伎の世界でトップを目指す。成功したら君を口説くと宣言する。杉野謙一も祇園へ。明日香の舞を楽しみながら、謙司と結ばせたいものだと考えていた。しかし総裁選を前に、謙一のスキャンダルをねつ造しようとする、亀田派の陰謀が…。
78話~86話
でっち上げられた杉野謙一と彩香のスキャンダル。俄然総裁選で不利になる謙一。梨奈は謙一と彩香がまだ繋がっていたことに怒り狂った。何とか二人を汚名から救おうとする明日香は、民力党亀田派の久保を誘惑し、貞操の危機に見舞われながら陰謀の証言を録音する。謙一はそれを使って、亀田総理と取引に出た。次の総理は鶴岡に譲るが、一期で辞めてその後に自分を就けること。条件を呑む亀田。しかしそのために、民力党京都府連の怒りを買った明日香は、悪い噂を流され、バッタリ座敷が掛からなくなってしまった。ひたすら堪えて、本を読み、知識を蓄えていく明日香。
87話~95話
謙一が謙司を連れて座敷に。明日香に礼を言って、謙司をこれから通わせると約束した。それを知って、怒る萩美。康平は明日香の売春疑惑を一笑に付して、明日香を励ました。級友を連れて祇園にやって来て、明日香を座敷に呼ぶ謙司。しかしその上の部屋で、亀田派の府連・鈴木が、萩美に明日香を祇園から追い出す謀議を持ちかけていた…。そんな折、日本の影のドン・猪郷精之介が祇園を訪れ、明日香を座敷に呼ぶ。代志乃の古いなじみでもあり、明日香に興味を抱いてやって来たのだ。猪郷は明日香を気に入り、これから通うことにする。一方萩美は鈴木から、謙司を祇園に通わせ、いつ来るかを連絡してくれと頼まれていた。
96話~104話
ヤクザ世界では、岐阜の蟷螂会が覚醒剤で京都を浸食し始めていた。会長の板東は、鈴木とも繋がっている。そんな中、鈴木の指示を受けた萩美が、謙司に明日香を同伴出勤に当たる『ごはん食べ』に誘うよう仕向ける。鈴木は明日香と謙司を、覚醒剤常用者として摘発させるつもりなのだ。罠に落ちた謙司と明日香だが、嫉妬した康平が二人の後をつけていた。攫われた二人を必死で追う康平。途中烏丸会の者に遭遇し、明日香を助けてくれと懇願する。連絡を受けた烏丸会は、総出で明日香の捜索を開始した。そして謙司のマンションに連れ込まれていることを突き止め、明日香が犯される寸前に救出する!
105話~113話
板東のバックに民力党の亀田がいることを知る、烏丸会会長の岡部。菱和や大翔の手を借りずに、単独で蟷螂会と戦う決心をした。舞妓から芸妓になる『衿かえ』が迫る明日香。遊びに来た猪郷に事件を話し、抗争が始まって京の街に血が流れるのを防いでくれと頼む。明日香の大局に立った頼みに、猪郷は感動した。蟷螂会の覚醒剤仕分け場を襲い、事務所にも銃弾を撃ち込む烏丸会。宣戦布告へ! 亀田が京都府警を動かして、覚醒剤容疑で烏丸会を一斉捜査させた。岡部を逮捕し、留置場に居る間に総攻撃を行って、京都を陥とす予定である。しかしそこでフィクサー・猪郷が動き、亀田を一喝。板東の企みは全て中止となった。
114話~122話
戦争を止めたのは、明日香! 京都ではまた明日香の評判があがった。猪郷の価値を認識した明日香は、自分の処女を買って貰う相手『水揚げ』を猪郷に頼む決心をする。彩香にも会い、異存のないことを聞いた猪郷は、明日香の『衿かえ』支度一式を揃えてやった。覚悟を決めて、猪郷の座敷に入る明日香。しかし猪郷は明日香を抱かず、水揚げをしたことにして後見人にはなってやるが、処女は好きな男にあげなさいと諭す。猪郷の優しさに感動し、その膝にすがって泣く明日香。明日かは晴れて『衿かえ』し、舞妓を卒業して芸妓になった。
123話~131話
萩美(美佳)は明日香のライバルを降り、謙司と結婚する決心をする。武士の出所を待てない明日香は、康平に処女を捧げた。客の西島が明日香に、先斗町一番の芸妓・三千歳を紹介する。明日香と同い年で、女帝を目指している強力なライバルだった。代志乃が倒れ、雪乃と明日香が自分の晩年の傑作だと言い残して死ぬ。代志乃の葬式を終えて、明日香は房子に、独立し自前となる決心を話した。ところがそこで、葬式帰りの猪郷が、名神高速道路上で大型トレーラーにぶつけられたニュースが入る。猪郷死す! 代志乃と猪郷の、二人の庇護者を失ってしまった明日香の運命は!?
132話~140話
また一芸妓に戻り、頑張る明日香。梨奈が謙司と芸妓が付き合っていることを聞き、明日香だと思い込んで怒りを顕わにする。暇になった明日香を、西島と三千歳が座敷に呼び、励ますのだった。左近もやってきて明日香を応援したいと言い、征四郎が三千歳目当てに先斗町に通っていることを教える。仲良くなる明日香と三千歳。謙司との仲を引き裂こうと画策する梨奈は、天才スケコマ師・松村を雇った。その技巧を自分の身体で体験し、これなら明日香を骨抜きにできるとほくそ笑む。客の佐伯に紹介されて、松村に好意を抱く明日香。『ご飯たべ』を承知して、まんまと抱かれてしまった。
141話~149話
松村のセックスに籠絡されてしまう明日香。だが梨奈のほうも、金を渡すときにまた抱かれてしまった。明日香は座敷を休んで、松村と逢う。充分に明日香が虜になったことを確信した松村は、しばらく離れて飢餓期間を設けることにした。その間に代議士夫人だと判った梨奈を恐喝。梨奈とのセックスを、ビデオに撮ってあったのだ。房子は佐伯に連絡が取れないことを怪しみ、松村とのことを伊達に相談した。松村の素性を調査した伊達は、彩香にも連絡する。同時に梨奈が画策したことも判った。その梨奈は、松村を殺す決心をする。明日香を守るために、銀座の女帝・彩香が立つ! そして明日香は、名刺の住所に行き、松村の正体を知った。
150話~158話
松村をつける明日香。梨奈をつける伊達と彩香。ホテルのロビーで松村と会う梨奈。テープと金の受け渡しの場へ、伊達が介入した。松村を部屋に引き入れ、二度と梨奈と明日香に近づかないよう、引導を渡す。ほうほうの体で逃げる松村。明日香も部屋に入ってきて、謙司とのことは思い違いだったと判り、梨奈は打ちのめされた。立ち直って修行を続ける明日香は、三千歳とともに京都を代表する芸妓へと育つ。美佳と謙司は結婚へ。再び動き出した蟷螂会は、狙いを武士の実家・本城会に向けた。板東は三千歳を自分の女にしている。本城組の賭場が次々摘発され、組長が倒れた。波乱の中、武士の出所の日が…。
159話~167話
明日香と初めて愛し合った後、武士は金沢へ行った。先斗町で、亀田、鈴木、板東が顔を合わせて、提携の密談をする。座敷には三千歳がいた。ちょうど三千歳を訪ねてきていた明日香が、それを目撃する。しかし明日香に尋ねられた三千歳は、上手くはぐらかした。もう覚醒剤まで打たれて、板東の意のままになっているのだ。組に戻った武士は、賭場の摘発は情報を流しているスパイが居るためだと目星をつけた。誰が組を裏切っているのか? 一方康平には、舞妓の豆千代が惚れていた。裏切り者は、若い頃から武士の面倒を見てきた、若頭の久保田だった。武士を殺せと、久保田をけしかける板東。
168話~176話
組員の携帯記録を全て調査して、内通者が久保田だったことを突き止める武士。金沢港の倉庫街で久保田と対決し、撃たれてしまった。武士は携帯で明日香に連絡し、助けを求める。伊達に救出を頼んだ明日香だが、居ても立ってもいられずに左近の座敷をキャンセルして金沢に向かった。瀕死の武士に寄り添い、回復を祈る。逃げた久保田は、蟷螂会の手で始末された。武士が助かり、戻ってきた明日香は、三日間の謹慎処分を受ける。謹慎を終えて後、迷惑を掛けた左近と『ご飯たべ』に出た。だがドライブ帰りに強引にキスされて、それを写真に撮られてしまう。またスキャンダルに見舞われる明日香。しかし、祇園の客に影響はなかった。
177話~185話
好意を持った左近と、再び『ご飯たべ』の約束をする明日香。康平は、とうとう豆千代を抱いた。左近とドライブに出た明日香は、雨に降られて飛び込んだ旅館で強引に犯されてしまう。後日、三千歳を座敷に呼んだ征四郎と左近は、明日香にプライドを傷つけられた腹いせに仕組んだことだと話した。左近が明日香をモノにして、振ってやろうという企みである。そこで三千歳は明日香と武士の関係も聞き、そのことを板東に教えてしまう。一方、明日香は久しぶりに武士に逢い、激しく愛し合った。本城組の組長は死に、武士が本城組二代目を襲名した。再び明日香を座敷に呼んだ左近が明日香に迫るが、厳しく拒否する明日香。
186話~197話
明日香に拒否され、三千歳を座敷で口説く左近。三千歳が板東の女だと聞かされ、明日香潰しに手を組もうと持ちかけた。蟷螂会に攻勢をかける本城組。カジノやピンサロを壊し、覚醒剤の密輸ルートを知る男も襲われた。康平と付き合い始める豆千代。それを祝福する明日香。蟷螂会の覚醒剤密輸現場を襲い、ルートを潰す本城組。板東は反撃のために、暴走族時代の仲間がやっている組を焚きつけて、全国に抗争の火種を播いた。三千歳に信用されなかった左近は、明日香に三千歳と板東の関係を話す。全国に抗争が勃発し本城組は本家・菱和会の手を借りずに、自分の力だけで蟷螂会を潰す決意を固めた。
198話~210話
二台のトラックに分譲して金沢に向かう、蟷螂会の特攻隊。しかし岐阜に潜入させていたスパイ部隊から報告を受けた武士は、彼等の動向を県警本部に通報して、全員逮捕させてしまった。蟷螂会に捜査が入り、若頭が出頭。板東は姿をくらませた。そして明日香を呼び出すように、三千歳に命じる。相談があると三千歳に呼び出された明日香は、板東の手中に…。明日香を人質に取られ、独りで来いと言われた武士は、単身岐阜に向かう。連絡を受けた伊達は、密かに烏丸会に応援を頼み、部下を引き連れて明日香救出に出発した。康平も、烏丸会と行動をともにする。対決の場は、板東の持つゴルフ場!
211話~224話
武士が到着する寸前、監視の三千歳を倒して脱出する明日香。明日香が逃げたことを知った、板東達と武士は銃撃戦に突入した。遠巻きに様子を窺っていた伊達達と烏丸会も、ゴルフ場に突入。一同の目前で板東と一騎打ちになった武士は、遂に板東を殺った。ところがその後に、三千歳が放った銃弾を受けて死んでしまう。ショックで自殺しかけた明日香だが、彩香の母としての励ましに立ち直った。豆千代は康平に別れを告げ、芸妓として生きる決心をする。雪乃にも、新しい恋人が…。また杉野一家が明日香を訪れ、梨奈が深く頭を下げた。総裁選を戦う謙一と、その横には政治家になると決めた謙司と、その嫁になった美佳が…。
225話~236話
尾上元総理の死は、アメリカの陰謀だったと教える謙一。脱アメリカを志したため、消されたのだと…。とうとう総理大臣になった杉野謙一は、亀田に約束通り陰謀を録音したレコーダーを渡した。所信表明演説で尾上と同じ脱アメリカ、アジア共同体構想をブチ挙げる。予想通りアメリカの反感を買ったが、杉野総理に賛同する若手議員達が、集まり始めた。一方、明日香とともに女帝を目指している豆千代は、祇園に来た亀田と鈴木の座敷に呼ばれていた。豆千代を、好色な目で見る亀田。
237話~245話
杉野総理と若手議員の最初の会合は、『彩香』で行われた。そこで亀田派にいる増沢が亀田が杉野を潰すために、アメリカ大使と祇園で会うという情報をもたらす。彩香は明日香に電話して協力を仰いだ。二人の女帝が、手を携えて戦うときが来たのだ! 明日香はニール・マッケンジーと知り合い、好意を抱いて『よし野』の座敷に彼を招く。アメリカ大使・ガードナーと亀田の密会は、上七軒の茶屋で行われた。そこへ現れるニール。彼こそ杉野への刺客にして、米国務次官補だったのだ。座敷には、豆千代が呼ばれる。敵とは知らずに明日香を好きになったニールは、再会しキスを…。そして豆千代は、亀田に身をまかせた。
246話~254話
亀田が豆千代を呼んだことを、屋形『千代田』で聞き出す明日香。杉野の抹殺を命じられているニールは、明日香の素性を知った。情報を得るため、亀田の通う『すず屋』の”おかあさん”に、踊りを習い始める明日香。ニールはスキャンダルの火元として、杉野の妻・梨奈に狙いを定めた。杉野は訪中し、親アジア外交をスタートさせる。征四郎は癌に罹ったことで、これまでの自分の所行を反省し、明日香に頭を下げて詫びた。杉野総理の政治資金を管理している梨奈は、U・C・Fファンドマネージャーの高柳を紹介される。
255話~263話
高柳はニールの手先だった。そうとも知らず、ニールに抱かれる明日香。豆千代はようやく亀田から、杉野の家族に何か手を打ったことを聞き出し、それを録音することに成功した。U・C・Fに、インサイダー取引疑惑が噴出する。康平は花板にのし上がり、明日香に結婚を申し込んだ。豆千代と彩香に呼ばれニールにも会いたい明日香が、同じ日に東京へ向かう。上京した豆千代は、亀田の情報を週間ニチブンの井上に渡した。
264話~272話
ニチブン編集長の北沢が、豆千代が陰謀を知らせたことを、亀田に連絡する。豆千代の命が危ない! 彩香が杉野にアメリカの策略を報せ、菱和会に豆千代の保護を頼んだ。鈴木が豆千代を座敷に呼び、帰りに拉致させる。それを追った明日香と康平が、駆けつけた菱和と烏丸とともに救出した。亀田、マッケンジー等と対決し、杉野の邪魔をしないことを約束させる。ニールに別れを告げる明日香。康平と結婚し、芸妓を辞めて小さな料理屋を営むことにする。母・彩香も、ともに暮らすために呼んだ。彩香と明日香、二人の女帝が人生の最後に辿り着いた場所は、家族という名の幸せ…。『女帝』母娘二代の物語、ここに堂々の完結!!

女帝花舞をスマートフォン/ケータイで無料試し読み

めちゃコミックはスマートフォン/ケータイ専用の漫画・電子書籍ストアです。以下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。

  • スマートフォンで読む

    Android/iPhone
  • ケータイで読む

    docomo/au/Softbank